審査に落ちる理由

ローンを申し込んだら審査に落ちてしまった...。でも、銀行は審査に落ちた原因を教えてくれることはありません。でも理由がわからなければ、通るにはどうすれば良いかもわかりませんよね。ここでは、ローンの審査に落ちる理由についてご説明していきます。審査に落ちた場合は、自分にあてはまるものはないかひとつずつ確認してみてください。

年収や勤続年数の他に、住宅ローンの場合は完済時年齢も重要!

住宅ローン審査では、クレジットカード審査と異なり完済時の年齢や借入時の年齢もとても重要視されます。頭金となる貯金がどれくらいあるのかということに加え、やはり年齢が高くなればなるほど返済に不安を感じる銀行が多く、審査に落ちる可能性もあがってしまうということに。借り入れ金額を減額し完済時年齢を早めるなどの方法をとることで、審査に通りやすくなることもあるようです。

men2.jpg携帯電話料金、税金、クレジットカードの延滞はローン審査の落ちる原因に!

住宅ローンを申し込む際に、マイナス要因にしかならない未納や滞納情報。クレジットカードの支払いは遅れたことがないという人も、携帯電話料金や国民年金保険料、税金や水道代はどうですか?

そんなこまごまとしたものも実は信用情報にきっちりと記載されているんです。もし未納がある場合はすぐに支払いを、そして延滞したことがあるという人は、延滞から5年以上経ち、その情報が消えてからローンを申し込むことをおすすめします。